FX New Rules

FXの初心者必見
FXで勝つための新ルール!

FX New Rules 1~20 - 新時代のFX -

今ならFX運用に役立つ
書籍とDVDの2つが
ダブルでもらえます!!

株式会社マネースクウェア・ジャパン

初心者でも勝てるFX

FXはちょっとした工夫で利益が変わる・・・
【通貨の特徴】 世界の通貨の特徴 FXで人気の注目通貨の取引ポイントを解説
【FX質問箱】FXに関するQ&A 元FX業者社員が皆さまの質問に答えます
ブログパーツ無料配布中

7割の投資家が儲かっているトラップリピートイフダン注文

アベノミクス相場で「トラリピ(トラップリピートイフダン)」を使う理由

マネースクウェア・ジャパンの7割強の投資家が実現損益でプラス

「実際のFX運用結果ってどうなんだろう」。これからFXをはじめようという方の多くが抱く疑問だろう。2012年6月1日付 日本経済新聞に下図のような記事がのっていた。サブプライム以降の円高で、なんと投資家の2割しか儲けることができなかったようだ。

FXの不都合な真実

しかし、昨年のマネースクウェア・ジャパンのプレス向けリリースを見ておどいたが、2012年1月から9月に取引した投資家の、実現損益の結果。全体の7割強の口座が実現損益でプラス、さらに人気の豪ドル円では8割強の方がプラスという実績が出ていた。過去の話と言えども侮ることなかれ。

2010/1/1~2012/9/30 実現損益

では、マネースクウェア・ジャパンを利用している投資家と、一般投資家でなぜこのような違いが出るのかを探ってみたい。

注文方法の違いが大きな結果の違いに

この結果に関係していると思われるのが「注文方法」。一般にFX取引は7、8割がその時のレートで注文を出す「成行注文」といわれているが、マネースクウェア・ジャパンでは、レートを指定する「指値注文」が7割以上と、大きく異なっているようだ。

成行注文は、得てして感情に流されがち。私もよく失敗するが、深追いして大きな損失を抱えてしまったり、不安になって少ない利益で決済してしまったりすることが多々あります。

指値注文なら利益も損失も自分でしっかり把握できるから、感情的になりにくく、相場に張り付かなくても、指定したレートで取引できるため、生活スタイルを崩すことなくトレードできます。

感情的にならず、でも収益チャンスは逃さない。これがFXで中長期的に資産運用結果を残していくポイントなのだろう。わかっているがなかなか実践できないのが指値の有効活用だ。

トラップリピート注文なら簡単、便利に資産運用

そこで登場するのが、マネースクウェア・ジャパンが特許取得済の自動発注機能「トラリピ」(トラップリピートイフダン注文)。「○○円で買って、△△円で売る」といった指値注文(イフダン)を、たった1回の設定で複数発注でき(トラップ)、さらに成立後、自動的に注文を繰り返します(リピート)。一度設定すれば手間なく24時間、常に収益チャンスを狙えるから、カンタン、便利なFX運用が可能。また、マネースクウェア・ジャパンに口座を持っている実に90%以上が利用している、人気の自動発注機能。同社の顧客の7割が儲かっているのは、予想通り、トラップリピートイフダン注文を使っているからだ。

レンジ相場でのトラリピ活用例

なお、2012年10月で創業10周年を迎えたマネースクウェア・ジャパンは、創業来、トラップリピートイフダン注文のように独自性の高い商品・サービスを提供し続けており、『預り資産連続増加』の業界新記録を更新中。現在さらに注目のFX業者となっている。

これからFXを始める初心者の方、すでにFXをしている経験者の方も、マネースクウェア・ジャパンのトラップリピートイフダン注文を使ってみたほうがいいだろう。

【関連ページ】トラップリピートイフダン注文の仕組み